賃貸活用術


賃貸と分譲どっちがお得?

棲家を賃貸で過ごすか、分譲の一戸建てやマンションで住むかどちらが最終的にお得かと言えば、一概にどちらが得かとは言えません。 賃貸は住み続ける限り「家賃」をいつまでも支払う事になり、自分たちの資産にはなりませんが、収入によって家賃が決まる公的住宅に住めば、一生支払うと言っても一般相場の家賃よりもはるかに安い家賃で住む事が可能です。分譲にかかる積立金や修繕費、固定資産税の支払いもなく、ただ家賃のみの支払いで済みます。 一方で分譲の一戸建てやマンションの場合、物件の支払いさえ終われば毎月にかかる家の支払いは無くなります。一見、家の支払いは資産になるので損はないかと思われがちですが、マンションの場合には駐車場契約は別で毎月駐車場代が発生します。共益費も別に支払う事もあり、毎月微々たる金額ですが家に関する支払いは住む限り発生します。それに加えて修繕積立金や固定資産税などもかかります。一戸建てに関しては数年後のリフォームも必要になるので維持費も考えておかなければなりません。 一番損になりやすい事は分譲を購入する際に頭金がほとんどなしで購入する場合です。ローンを組みますが、トータルの支払額は実際の購入価格の倍近くになるケースも多く、ローンによる利息が大きな負担です。

耳寄り情報