賃貸活用術


ピッタリの物件を探そう

賃貸物件に住みたいと考える場合、街の不動産屋に行って物件を探すことになりますが、一般的には物件のある最寄駅、間取り、価格などの条件を絞り込んでアパート等を限定していって、いくつかを内見して決定するという流れで探していくことが多いでしょう。 しかし、最近の賃貸物件は競争が激しくなってきたこともあって、いろいろなタイプが登場していますので、自分の希望自体をもう一度よく整理してみる必要があるかもしれません。例えば、人と触れ合うことができる物件を本当は希望している、自分らしく部屋の壁紙まで凝ってインテリアのレベルを高めた部屋に住みたい、ペットをどうしても飼いたい、住人は女性に限定した物件がいい等、これまでの概念にとらわれずに整理するのです。 従来はこれらの条件を満たす物件は皆無でしたが、今ではどれも実現されています。そのため、賃貸選びの条件設定も従来通りの最寄駅と間取りと価格という絞込み方ではなく、自分の一番の希望を不動産屋にぶつけてみることも大事かもしれません。アパートオーナー側も、少子高齢化が進む中で、長期的視野に立って新しい顧客層の開拓をするために努力をしている人もたくさんいますので、物件のバリエーションも増えてきています。

耳寄り情報